パワープレーについて





以下、抜粋です。
URLも付けとくので興味ある人見てみてね。



【http://ameblo.jp/torotoro-totoro/entry-10937812112.html】







・台形


昔は台形と呼ばれていた。
相手コートの角に一人ずつとハーフラインに3人を並べる形。
後ろの3人がボールを回しミドルシュート・ファー詰めを中心に狙います。
強力なシューターがいる場合には有効な形です。

俗に言う3-2



・ボックス

相手コートの4隅に一人ずつ配置、そのボックスの中に一人を置く形です。
ピヴォ当てとサイドからの折り返しを狙うパターンです。
ボールキープに優れた技術のある選手を中に置くことで
相手ディフェンスを収縮、拡散してチャンスを伺います。
但し、中に入る選手はボールを取られずらい選手を配置します。

俗に言う2-1-2



・ツリー

相手コートの角に2人を置き、ハーフライン手前くらいに二人を配置。
手前の二人は幅を小さく保ちます。そして最後尾に一人。
敵を絞らせ角を取りやすくなります。シューターがおらずパスで崩したい
チームに向いています。中央はゴチャゴチャしやすいので
折り返しをダイレクトで狙ったりが基本戦術となります。

俗に言う1-2-2



・アイソレーション

ボールサイドに4人と逆サイドに1人のフリーの選手を作るように配置。
パス回しからサイドチェンジを狙って攻める戦術。
同数でのチャレンジになりがちなので的確に繋げるチームに向いています。





基本形はこんな感じです。
基本的にはフリーの選手を作るのが目的なので早めにボールを動かす。
数的有利を生かせるようにドリブルはポイントを狙って行います。
角を使うとシュートアングルが無くなるのでファー詰めを意識すること。



最終的にはゴール前で押し込めるようなパスが出てくるのが理想。


代表監督のミゲルの指導していたパワープレーはスイッチとスルーを多く使う面白い戦術だった。
ヨーロッパのフットサルはシステマチックで面白いなと思います。



パワープレーはリスク管理が大切です。御利用は計画的に。