広島進 監督ブログより
 
 
【名言1】
必ず必ず勝てる。
そう頭に描いて試合に臨めるように準備する。

試合前には勝てるまで頭でシュミレーションします。
負けたくないから、起こり得るアクシデントも想定します。
負けたくないから。

 


【名言2】
その瞬間が試合を決めるパスになる。
試合を決めるシュートになる。
試合を決めるディフェンスになる。
そう考えて腹くくって練習に来い。


 
【名言3】
腹をくくれ。
腹をくくるのが無理なら時間なんか使って練習くるな。

どうなっても良いプレーをした時点でその試合はどうでも良い試合なんだよ。

全員が必死に走って戦ってきた時間を、自分の適当なプレーで全て台無しにする。
その責任を見ないふりするな。

背負えるためには練習で戦わないと無理。
背負えないと思ったら引退だよ。
背負う責任や重圧を感じられなくなっていたら、それはエンジョイです。
 

 
【名言4】
やるミスなんかだいたい分かってるんだから、
もっと掘り下げて考えてこいって。
ミスした自分を肯定して振り返っても何も意味ないから。
なぜ出来ないのか考える時、自分がミスした現実を忘れて自分の意見に固執していたら一生変わらない。
出来るようになるために何が必要か考えてこい。

 
 
【名言5】
雑になってくる時間。
あいまいなプレーをしてしまう時間。
そこに気付けるか?
そこを注意出来るかどうかで試合は全然変わる。

同じ意識でプレーしたらやられるから。
そこに気付けて、さらに戦えるように。
練習の温さや妥協を抜かないと、最後つらい現実をつきつけられるのは自分自身だから。

苦しい時にやればやっただけ跳ね返る。
そういう覚悟を持って練習に来た選手を使います。



【名言6】
技術、筋力、判断全てやれるのか?

やれないんだから練習しろよ。
余計な動作せず基礎やれよ。
出来ないなら、早く来て最後も残って時間を惜しんで練習しろよ。

そのためには体のケアに敏感になれよ。
当たり前だろ。
出来てる奴が20分以上試合出て、10分も出てない奴が同じ濃さの練習してどうするんだ?
疲弊してる奴が練習休まず来て、疲れてない奴が体調崩す。
なんでだよ!
満足したり妥協したり。
見たくないんだって。
自覚持てよ。
 

 
【名言7】
キーパーのクリアランス。
その簡単な1本を投げさせるためにフィールドは全力で走る。
必死に責任持って投げろよ。
出来ないなら考えて練習して来いって。




※広島進
1972年1月19日生まれ
デルソーレ中野 監督
(関東2部フットサルリーグ所属)

デルソーレ中野オフィシャルサイト
【http://www.delsole.jp/】




あなたは、これを読んで何か感じますか?
それとも、感じませんか?