先ず、今日は遅れてしまいすいませんでした。
急な仕事の電話が入り、連絡する一刻の猶予も許さなかったので。
申し訳なかったです。
でも、素晴らしいゴレイロが誕生したと聞きました。
それは嬉しく思います(悦




さて、今日は遅刻したせいもあって、2試合だけの内容についてです。



石田も言ってたけど、下家と西田さんは素晴らしかったです。
次は「もらう前の動き」を意識していくと更に良くなると思います。


「オフ・ザ・ボール」ですね。
まだ、「ボールが来てから勝負」みたいな動きの場面があります。
ボールが来る前に「どう動いてもらうか」です。
これが上手なのは石田と哲さん。
みんな真似しましょう。






・<オフェンス>
ボックスで攻めるとパスコースがない。これ、みんな分かっていない、ということが今日ハッキリ分かりました。
上記したように、「もらう前の動き」(いわゆる3人目の動き)がないと、パスコースが限定されてしまうので、なるべくダイヤで攻めましょう。
(これの意味が分からない人、石田に聞いて下さい。分かるまで何度も聞いて下さい。)
終わり際に、スギには少しだけ話しました。理解してもらえたかな?
キックインなども、サッカーみたいにボールホルダーに寄って行ってパスをもらうと、フリーで持てる時間が短くなるので、やめた方が賢明だと思います。もらうなら、サイドで目一杯開いてもらうといいと思います。


そして、今日は前半セットと後半セットで分けていたんだんだと思いますが。
(イッシー、そうだよね?)



前半セットはみんな前にあがっていって、狭い四角をつくってました。
西田さんを前におくなら、他のメンバーはサイドで開いてあげましょう。
笠場くんはオープンスペースでもらうのが好きなのは一緒にプレーしてたら分かるよね?じゃーそうやってパスを出してあげたいなら自分はどう動けば正解かを、練習の時にしっかり話しましょう。

今日みたいに、みんな前に行くことで、「誰も活きない状況」 になっちゃいますよ。
ピヴォとアラが入れ替わることで流れが出来るとは思うので緩急をつける意味での交代はいいと思います。でも、むやみやたらに駆け回ると当てれるものも、当てれなくなっちゃいます。
体力も技術もないんだから、アタマを使ってプレーしましょう。



・<ディフェンス>
まず。キックオフシュート。
これ、正式ルールでは無効なのはウチのメンバーは全員知っていると思いますが。
(競技規則第8条 ルールブックP8 10行目)

他のチームはまだ知らない人がいっぱいいます。
付き合ってあげてもいいし、本当に相手の事を想うのなら教えてあげた方がいいと思います。
で、中途半端に離れて、中途半端によけるから、当たるしゴレからボールが見えない。ブラインドになる。
これは井端には言いましたが、ブロックするならくっつく、しないなら門を思いっきり開ける。
ハッキリしよう。中途半端が一番よくない。
個人的には「それ、無効になったんですよ」と教えてあげるのがいいと思っています。
(※ちなみに、キックしたボールがディフェンスに当たってゴールに入った場合はゴールになってしまいます。それを狙って来ているのだとしたら、、、さてどうするのが良いでしょうか?)


それからボックスは意識しないと直りません。
 「言われたから、やる」ではいつまで経っても上達しません。
「何故、縦を切るのか。」
「何故、受け渡してはいけないのか」
を考えて、分からなければ分かるまで聞いて下さい。
前プレも、仕掛けるタイミングを合わさないと、意味がないこと分かると思います。
(前プレは西田さんが一番上手です。真似して下さい。) 



以上、今日少しだけ参加して目についたことです。
意見や質問があれば遠慮なく言って下さい。


今日はエンジョイ思考が強い練習試合でしたが、公式戦では怖い相手です。
少しでも相手の特徴、癖、見て行きましょう。



今日は、いくつ学びましたか?? 




次回は火曜のフィジカル練習です。